733: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)13:45:31 ID:UgU
歴代の天下人に仕えた刀を一般人の手元に居てもらうのが冷や汗しかでないんだが……
土下座する勢い

734: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)13:47:06 ID:j6y
>>733
審神者はゴリラで一般人じゃないからへーきへーき

736: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)13:48:04 ID:UlH
>>733
政府からすりゃあワイら半農の足軽だと思うわ
ワイもたまに申し訳なくなる


739: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)13:57:54 ID:HFA
>>736
つまり使い捨て

740: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)13:58:55 ID:BxS
>>733
使われたり宝物にされたりしたのであって刀は仕えてないでしょ

741: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)14:00:35 ID:ObY
>>740
冷静なつっこみワロタ
刀は道具だからねぇ

742: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)14:04:53 ID:UgU
>>740
すまない、刀剣男士が元の主を大事に思ってるから
仕えるというか一緒にいた概念だな、申し訳ない

743: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)14:23:58 ID:1hZ
(意外と将軍や帝が主だった刀や槍に限って借金取りとかヤ○ザの所に一時いたりするし気にしない可能性
号おじの帝→将軍→大名→家臣→その部下→分家のどら息子→借金取り→ヤ○ザさんへの流れは流石にファッ?となるが
あちこち旅したけど心ある人が福岡に寄贈してくれて良かった)

745: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)14:56:47 ID:HVB
三日月とか金貸しのところにいた時期もあったしね

746: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)14:57:46 ID:55N
>>743
>>745
ひょえー!よく紛失しなかったね

744: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)14:30:27 ID:Ggd
天下人に所持されてたって言っても
巡り巡って一般人の下へなんてよくある話だし
なんなら博物館に居る刀は庶民がどんなのかよく分かってるだろうしへーきへーき

747: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)15:00:51 ID:D6e
刀剣の中にはそういう一般人から買い戻されたもの多いけど
元の押形ない刀なんかは贋作とすり替わっててもおかしくないよな

748: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)15:07:02 ID:7Dk
>>747
放射線測定すれば、打たれたおおよその年代までは判るけどね

749: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)15:12:46 ID:1hZ
上杉家の宝刀だった長船の竹俣兼光ってたしか
上杉から研ぎに出した時に偽物とすり替えられかけたけど元の持ち主が「元の刀はハバキ元に馬の毛ほどの小さな穴があった」と証言して
研ぎ師が盗んで売ろうとしたことがあっさりバレて研ぎ師とそそのかした買い手一味お縄について無事返ってきたとか聞いた

751: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)15:24:16 ID:W4M
武器としての刀が武家だけのものになったのは豊臣以降だし
奉納品・美術品・お守り・財産としてなら権力者じゃなくても
刀を持つこと自体は現代でもそこまで禁止されてないし(規制はあるけど)

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1498037701/