2017年12月




    418: 名無しさん@おーぷん 2017/12/22(金)00:37:21 ID:p1h
    そういえば日本号で思ったけど槍の極きたらレベル補正の関係上
    よっぽど強い特殊効果ないと悲惨なことになりそう……

    遠戦の前に一番槍って感じで先制攻撃とかかっこよさそうだけど

    423: 名無しさん@おーぷん 2017/12/22(金)00:40:12 ID:ciL
    >>418
    今のところ特殊効果は防御系ばっかりだよな
    攻撃系は来るんだろうか

    419: 名無しさん@おーぷん 2017/12/22(金)00:38:46 ID:kUl
    槍極は確率で即死効果とかあったら漲る




    186: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)10:52:47 ID:vJD
    レア3打刀ズの生存値
    無印初期値→極初期値

    同田貫46→56 よし上がったね
    和泉守50→48 必殺ぶっちぎりの反動か?
    大倶利伽羅48→45 なんで?

    どうせ畑で+20~するだろって開発は言いたいんだろうけど
    畑で+1にかかる時間を考えると腑に落ちない
    来年レアリティ高い男士の極がぞろぞろくるし
    +30前提みたいな生存上げは気長にやれってか?
    畑つらい

    188: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)11:02:47 ID:eM5
    >>186
    全員畑で上げる分は10くらいにして初期値高くしときゃいいのにね
    その他のステもレベル補正という呪いのようなシステムで実質下がるんだし

    187: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)10:56:21 ID:fOW
    極打刀の生存初期値最低50はあるだろうと思っていた時期がありました




    125: 名無しさん@おーぷん 2017/12/20(水)23:54:04 ID:Zq1
    極修行出そうと思ってるのですが脇差と極どちらがおすすめですか?
    まだ持っている極が低レベルなのでどちらが使い勝手が良いのかあまりよくわからなくて…...

    出すなら五虎退、今剣、厚、小夜、前田、鯰尾の中から出そうと思ってます
    今いるのは乱(38)博多(36)骨喰(37)
    後藤(33)です

    127: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)00:02:04 ID:6JU
    >>125
    最終的には好みになるので何とも言えんが
    ワイはお小夜か厚をオススメする

    128: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)00:02:40 ID:vYz
    >>125
    その中ならとりあえず機動高めな五虎退か今剣を極めといたら
    演練でもイベントでも使いやすいと思う




    200: 名無しさん@おーぷん 2017/12/19(火)09:52:01 ID:JTl
    日向正宗の元主といえば水野日向守勝成だと思うんだけど、
    敢えて石田三成を出したのは石田正宗とのペアを狙ってるのかな?
    謙信と小豆みたいにさ

    201: 名無しさん@おーぷん 2017/12/19(火)10:01:53 ID:ikf
    やな先生、石田正宗も描いてくれないかな~(実装前提)

    310: 名無しさん@おーぷん 2017/12/19(火)14:47:49 ID:JTl
    刀剣乱舞って宗三のように刀の視点でキャラ付けしてるとこあるよね

    切り込み正宗と同じく三成の元で名無しの正宗として存在してたのに
    片や切り込みの方は三成の関係者にもらわれて三成の名前を与えられ三成の刀として認知されたにも関わらず
    片や自分は三成の関係者から敵対者に奪われ
    敵対者の名前を与えられたが故に三成の刀としては扱われない
    そう考えると日向視点じゃ水野勝成は好意的に見てない可能性があるな




    228: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)16:49:25 ID:Pa5
    大包平の泥率がやたらいいみたいだけど、みんな今何玉で何包平くらい?

    230: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)16:51:58 ID:ahu
    >>228
    全然やってなくてまだ2万しか貯まってないし超難と乱行き来してるけど大包平こねえ
    本当に泥率いいの!?!?

    231: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)16:52:23 ID:HpO
    >>228
    38000玉で2カネヒラ

    このページのトップヘ